ライセンス制度と監査機関で健全性が保たれる

オンラインカジノはライセンス制度が設けられています。

ここではライセンス制度に至った理由やライセンス制度の他にも厳しい監査されていると言うことも説明をしていきたいと思います。

ライセンス制度に至った経緯

オンラインカジノがライセンス制度になる前までは多くの悪徳業者が乱立していました。

入金したらお金が引き出せなかったとか、不正プログラムによってプレイヤーが勝てないように仕組まれていたなど、問題が続出したのです。

もちろん警察などによって取締りを行っていたのですが、いつまで経ってもなくならないイタチごっこのような状況が続いたことにより、だったらいっそのこと政府の管理下に置こうということになり、ライセンス制度が誕生したのです。

ライセンス制度が誕生したことによってライセンスを所有しているかどうかでプレイヤー側も判別できますし、管理下に置くだけで健全性が保たれるだけではなくて、ゲーミング税やライセンス発行料が政府に入ってくることとなり健全性が保たれたのです。

運営側もライセンスによって自社サイトは安全というお墨付きを貰える事でアピールに繋がりました。

これは今現在もライセンス制度によって厳しく取り締まられています。

ライセンス制度は国によって取得難易度が違う

ライセンス制度によってプレイヤーも運営側もこの業界が健全に保たれることは喜ばしいことなのですが、ライセンス制度で気をつけなくてはいけないのがオンラインカジノのライセンスを許可・発行しているところは1箇所ではないと言うことです。

また統一されたものではなくてその国や領・州や島などによって取得難易度が違うと言うことです。

ものすごく厳しい審査が設けられていて、一部上場企業でも取得が難しいところもあり、取得をするのに半年以上健全な運営をしているか常にチェックをされてそこで不具合や問題が生じたらまた一から再スタートのところもあれば、比較的お金さえ払ってしまえば簡単に取得できてしまうところもあります。

ライセンスを取得しているから安心と思って良いですが、念のためどこで取得をしているかも確認しておいたほうが良いでしょう。

ライセンスの信用度が高いところ

ライセンスの取得が非常に厳しく取得をしていたらまず安心して利用できると言うところは柿です。

  • イギリス(UK)
  • ジブラルタル
  • マン島
  • マルタ共和国(オランダ領)
  • キュラソー島
  • アイスランド
  • オルダニー島

ここで取得をしていたらもう何の心配もいらないで利用することが出来るといえるほど安心して利用できるほどです。

運営側も上記の場所でライセンスを取得していることで自社の健全性をアピール出来ます。

また上記以外で取得できて比較的有名なライセンスは下記です。

  • オーストラリア北方領
  • カナダ モホーク政府
  • フィリピン
  • カナワケ(カナダ)
  • アンティグア(イギリス連邦加盟国)
  • ドミニカ

ライセンスの信用度が低いところ

逆に信用度が低くあまり利用しないほうがいいのが下記です。

  • ベリーゼ
  • コスタリカ
  • パナマ

なぜ信用度が低いのかというと発展途上国であるため、国の経済が不安です。

そのため外貨を得る為に中南米系の発展途上国ではライセンスを年間契約としてお金を支払うことで緩い審査基準でライセンスを発行してしまいます。

もちろんこの国のライセンスを取得しているから必ず悪徳業者という訳ではありませんが、初めてオンラインカジノを利用する人はあえて利用する必要はないと言えるので控えるようにしましょう。

監査機関について

ライセンスを取得するまでは健全な運営をしていて、ライセンスが取得できたら後は適当な運営をしてプレイヤーを騙しているんじゃないの?って思われるかもしれませんが、ライセンスを取得した後も厳しい監査機関によって常に健全な運営をしているかどうかチェックされます。

eCOGRA(イーコグラ)

イーコグラは2003年に設立されたオンラインギャンブル産業に関する非営利団体(NPO)の独立監視機関です。

イーコグラは言ってしまえばプレイヤー保護を目的とした団体です。

これまでにプレイヤーとオンラインカジノの間でトラブルが生じたとしても運営会社に言っても何も対処されなければ泣き寝入りするしかなくトラブルが多発したことを受けたことでイーコグラによって第三者の公平な立場にたって審査してもらいます。

イーコグラ審査項目は非常に細部にまでわたり「一発で審査に合格する会社はない」とまで言われるほど厳しく合格した後も定期的にチェックは行われ基準に満たなければ容赦なく認定を外されます。

常に不正の無い運営を行う必要があるためプレイヤーはイーコグラの認定を受けているかどうかで健全性が保たれているかどうかを判断できるのです。

オンラインカジノ側もeCOGRA(イーコグラ)の認定を受けているということで公平な運営をしていると言うアピールにも繋がります。

TST(Techinial Systems Testing)

TST(Techinial Systems Testing)は、ゲーミングソフトウェアの公平性をチェックする監査機関です。

もともとはラスベガスなどのカジノ店舗(ランドカジノ)のスロットマシンやアメリカの宝くじの監査をしている機関です。

TSTもイーコグラと同様に非常に監査が厳しいことで知られており、TSTの審査をパスしているゲーミングソフトウェアかどうかでオンラインカジノの運営側も提携するかどうかの判断をするほどです。

運営側がどんなに公平に運営をしていてもソフトウェア自体が不正プログラムが入っていたら運営側の信用問題に関わってしまうわけです。

TSTの審査をパスしているかどうかはかなり重要になっています。

大手のゲーミングソフトウェアはほぼ全てTSTの審査をパスしています。

まとめ

オンラインカジノは本当に公平性が保たれているのかどうかというのは気になるところでもあると思います。

海外のサービスは怖いと思うかもしれませんが、考えている以上に非常に厳しい審査基準を設けていますし、ライセンスが発行された後も厳しい第三者機関による公平なチェックが行われています。

だからこそプレイヤーは安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る