オンラインカジノは違法?それとも合法?

[オンラインカジノって違法なの?]

非常に気になる人も多いと思います。

オンラインカジノをグーグルやヤフーなどで調べると必ずこの違法かどうかというワードが出てくるため怖い印象を持ってしまうかもしれません。

まず最初に結論から言うと違法ではありません。

冷静に考えてみれば分かると思いますが、違法であった場合もうすでに日本から徹底してなくなっていますよね。

違法でないからこそ今現在様々なオンラインカジノサイトが続々と参入してきているのです。

しかし、未だにこの違法という文字が検索に出てくるから不安だと言う人もいると思います。

ここではオンラインカジノを利用しても本当に大丈夫なのかどうかを過去の事件を含めて紹介していきます。

オンラインカジノが違法と検索される理由

まず最初に国が認めたギャンブル以外は禁止されています。

競馬や競艇などは公営ギャンブルとして国が運営するものとして認められていますし、パチンコに関しては3点方式と呼ばれる法の抜け穴として黙認されています。

それ以外の賭け事は基本的に日本では賭け事は禁止されているため、オンラインカジノってギャンブルなのに違法ではないのか?という不安から禁止と勘違いしている人が多いのです。

確かに日本で賭博が禁止されている以上は賭博罪が適用されるのではないか?と思うのは誰もが思うところでしょう。

しかし、オンラインカジノのサイトと言うのは日本では運営されていません。海外の実際にカジノが認められている国、もしくは州や島・領などで運営されているため日本の法律が適用されません。

ただ単純に海外のサービスを日本からでもアクセスできるようにしているだけです。

インターネットは基本的に運営国のルールに則って適用されているので、オンラインカジノを利用していても取り締まらるという法律は今のところありません。

ですのでオンラインカジノを利用していても問題はないので安心して楽しむことが出来ます。

ライセンス制度で健全性が保たれている

オンラインカジノの運営というのはライセンス制度が設けられています。

このラインセンス制度もただ申請をすれば簡単に許可が降りるというものでもなく厳しい審査を受けた上でライセンス許可が降ります。

ライセンスを発行する国は20カ国以上にわたり、中にはお金を出せば簡単にライセンスを年間契約として渡すところもあるので注意は必要ではありますが、基本的にどの国もライセンスはとても厳しいものです。

ライセンスの取得が難しいところに関しては上場企業でも発行許可が降りないというところも珍しくはないのです。

こういった厳しい審査の上でライセンス制度が設けられているためプレイヤーも安心して利用できるわけですから、怪しいところが運営をしていると言うことはないのです。

世界的大企業が運営をしているところもあります。

ライセンス制度について詳しく知りたい方はこちら

オンラインカジノはライセンス制度と監査機関で健全性が保たれていてプレイヤーが安全に利用できるようになっています。

過去に逮捕された事例について

オンラインカジノにおいて過去に逮捕された事例がありますので紹介します。

”逮捕”と聞くと日本ではすぐに悪いことというイメージが付いてしまいます。

しかし、真相を調べていくと運営の問題が挙げられて、プレイヤーも「略式起訴」と「不起訴(無罪)」でしたので詳しく説明をしていきます。

運営側が逮捕された件について

まず最初に過去に運営側が逮捕された件についてですが、本社は海外に置いていたのですが、実質的な活動を日本で行われていたことで逮捕された模様です。

今はただ名義を海外において実際は日本で行っていたとしても取り締まられてしまいます。

また他にも運営会社が逮捕されたケースとして日本人だけのプレイルームが置かれたり、日本だけに絞った運営がされたことでも逮捕されました。

運営会社が逮捕されたこととオンラインカジノ業界が駄目とはなりませんよね。

言ってしまえば食中毒がある居酒屋で発生して営業停止になったからと言って飲食業界が禁止されるみたいな言い分になります。

運営自体に問題があったわけですから逮捕されたとしても特に影響はないと言えるでしょう。

プレイヤーが逮捕された件について

多くの人が不安に感じていることとして過去に複数名のプレイヤーが逮捕された件を気にしていると言えます。

これはSNSやブログ・動画などでオンラインカジノの成績や勝敗を公開していた人がターゲットに選ばれて逮捕されました。

影響力がありそうだからこそ逮捕されたわけです。

プレイヤーが逮捕されたことで一気にオンラインカジノは違法というイメージが付き実際にプレイヤーの数も一気に離れていきました。

しかし、このプレイヤーが逮捕された件を詳しく調べていくと真相は「略式起訴」と「不起訴(無罪)」です。

略式起訴というのは軽い犯罪の場合に自ら罪を認めて罰金を払うことで、裁判なしで判決が出るもので、長引く裁判や手続きをしたくないということから10万円~20万円の罰金刑を受け入れたのです。

しかし、この逮捕を不服とし、裁判で争う姿勢を見せるプレイヤーが現れました。

すると検察側は検察は途端に不起訴処分、つまり無罪にしているのです。

警察としてはオンラインカジノを規制したいですが、オンラインカジノの違法性を立証することは出来ません。

そのため逮捕・検挙して報道させてオンラインカジノは違法というイメージを植えつけて恐怖感を煽りたかったわけです。

まさか裁判まで持ち込まれるのは想定してなかったのです。

検察でもオンラインカジノの違法性を立証するのは難しいと判断したからこそ不起訴としたのです。

もし立証できるならば逮捕した手前争う姿勢を見せるはずです。

逮捕・摘発が今後出る可能性

結論から先に言うと、今後のプレイヤーの逮捕・摘発は限りなく「ない」と言えるでしょう。

というのは過去に逮捕したプレイヤーを不起訴(無罪)としてしまったためです。

今後同様の事件が再度起こったとしても、よっぽど違法性がある証拠が整ったり、法律自体が変わらない限りはありえないと言えます。

検察自体が過去の判断を覆すことになるためであり、過去の判例を大事にする日本では限りなくゼロに近いと言えます。

とはいえ現状ではオンラインカジノが合法という法律もないため世間一般的な見方としてはグレーゾーンのようです。

ただし、グレーゾーンという色の表現で例えるのであれば限りなく白に近い「オフホワイト」や「ライトグレー」と言った表現が正しいと言えるでしょう。

まとめ

オンラインカジノが合法か違法かという点に関しては不起訴(無罪)として認められていますし運営元がしっかりとしたライセンス制度を設けている以上は安全に利用できると言えます。

今後、法律が変わる可能性があるかもしれませんが、現状ではそういった動きもありません。

また一度不起訴としたものに対して法律を変えるということも大変なことでもありますから当分は無いと考えています。

不安な人も多いかもしれませんが、安全だと言うことは覚えておいて欲しいです。

ただし、あまりSNSやブログや動画サイトなどにアップして目立った行動は取らないようにしましょう。

あくまでも普通にプレイして楽しむようにする分には問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る