ルーレットのルール

カジノの女王とも呼ばれていて、カジノと聞くとルーレットをイメージするほど有名なルーレットですが、日本ではあまりなじみがありませんね。

今までルーレットで遊んだことがないという人も多く、トランプゲームよりかは敬遠してしまっている人も多いかもしれませんが、ルールは簡単で特別難しい賭け方などはありません。

オンラインカジノでもルーレットは人気のカジノゲームとして勝負できるのでぜひともルールを覚えて遊びましょう。

ルーレットの特徴

ルーレットは、ホイールと呼ばれる数字の書かれた円盤と、数字が書かれたテーブルを使用してディーラーが投げた球が数字が書かれた円盤のどこに入るのかを当てるシンプルなカジノゲームです。

入った番号が奇数か偶数か?色が赤なのか黒なのかなど多種多様様々なベット方法があるのが特徴です。

複数賭けることが出来、当て方によって支払われる配当の倍率が違います。

ルーレットの種類も主に「アメリカン」「ヨーロピアン」が一般的です。

ルーレットはルールを覚えるのが大変そうと思うかもしれませんが、単純に「ボールが落ちると思った数字にチップを賭ける」だけですので深く考えないでもいいでしょう。

多少の賭け方さえ覚えておけば初心者でも気軽に参加できます。

ルーレットのルール

最初にテーブルの上の数字に投げ込まれた球が「数字・色・グループ」のどこに落ちるかを予想してベットしてます。

ディーラーが投げ込んだ球がチップを置いた「数字・色・グループ」に球が入ればプレイヤーの勝ちとなり、賭けた場所によって配当がかわり、外れれば全額没収となります。

シンプルですが、ベットする場所によって配当が変わりますし、ディーラーもただ無作為に球を投げているわけではありません。

ある程度狙って球を投げているので次にディーラーがどこに投げるのかを読み合います。

ルーレットはみんなでやればやるほど盛り上がります。

ルーレットの基本用語

ルーレットにおける賭け方

■アウトサイドベット
数字が書かれているところ以外のエリアに対して賭ける

・Dozen Bet(ダズン・ベット)12点賭け

ダズン・ベットの配当は3倍で「1st 12(1~12の数字のエリア)」「2nd 12(13~24の数字のエリア)」「3rd 12(25~36の数字のエリア)」のグループに対して賭ける方法です。

・Column Bet(カラム・ベット)12点賭け

カラム・ベットの配当は3倍で、テーブルの数字のレイアウトを縦1列、横3分割にし、上・中央・下の段のそれぞれ12個の数字に対して賭ける方法です。

・Red-Black(レッド・ブラック)赤黒賭け

レッド・ブラックの配当は2倍で、テーブルに色分けされている赤か黒のどちらかの色に賭ける方法です。

・High-Low(ハイ・ロウ)ハイロー賭け

ハイ・ロウの配当は2倍で、ハイ(19~36)かロー(1~18)のどちらかに賭ける方法です。

・Odd-Even(オッド・イーブン)奇数・偶数賭け

オッド・イーブンの配当は2倍で、Odd(奇数)かEven(偶数)のどちらに賭ける方法です。

■インサイド・ベット
テーブルの1~36までの数字の部分を賭ける方法。

・Straight-Up(ストレート・アップ)1点賭け

ストレート・アップは高配当の36倍で、1つの数字に対して賭ける方法です。36個の数字とゼロを含めた1点賭けで当たる確率が低いですが当たると大きいです。

・Split Bet(スプリット・ベット)2点賭け

スプリット・ベットの配当は18倍で、隣り合う2つの数字に対して賭ける方法です。例えば「7」と「10」の間にチップを乗せるようにします。

・Street Bet(ストリート・ベット)3点賭け

ストリート・ベットの配当は12倍で、数字の縦の1列3つに対して賭ける方法です。

・Corner Bet(コーナー・ベット)4点賭け

コーナー・ベットの配当は9倍で、4つの数字のちょうど中央に置いて賭ける方法です。

・Double Street Bet(ダブル・ストリート・ベット)6点賭け

ダブル・ストリート・ベットの配当は6倍で、縦2列の6つの数字に対して賭ける方法です。

・Four Numbers bet(フォー・ナンバー・ベット)4点賭け

フォー・ナンバー・ベットはヨーロピアンルーレットでのみ賭けられる方法で、配当は8倍です。数字の「1,2,3+0」の4つの番号に対して賭けることが出来ます。

・Five Numbers Bet(ファイブ・ナンバー・ベット)5点賭け

ファイブ・ナンバー・ベットはアメリカンルーレットのみ使用できる賭け方で、配当は7倍です。数字の「1,2,3+0,00」の5つの番号に対して賭けることが出来ます。

アメリカンルールとヨーロピアンルールの違い

ルーレットは大きく「アメリカンルール」と「ヨーロピアンルール」に分けられます。

他には「フレンチルール」などもありますが、基本的には「アメリカ」と「ヨーロピアン」が広く知れ渡っています。

ではこの違いについてですが、特に難しいことはありません。

基本的には数字の「00」があるかないかです。

アメリカンルールには「0」と「00」があり、ヨーロピアンでは「00」がなく「0」のみです。

他には厳密にいうとホイールの数字の並びに違いがあったりしますが、普通に楽しむ分には気にしないでもいいでしょう。

ゲームの進め方

ルーレットのゲームの進み方としてまずはチップを「数字・エリア・グループ」など自分の好きなように置きます。

そのあとディーラーから「No more bet(ノーモアベット)」という宣言されたらそれ以上はチップを置くことが出来ません。

この時ルールを破って勝手にチップを置いたらそのまま無効となり没収となるので注意しましょう。

そのあとディーラーがホイールを回して球を投げますので、プレイヤーが置いた「数字・エリア・グループ」に球が入ればそれに応じた配当を得ることができます。

外れた全額没収となります。

まとめ

ルーレットはトランプカードのように身近にあるわけではなかったため、カジノ場がない日本ではあまり浸透していなかったカジノゲームであるため、いまいちルールが分からないためどうしても利用していなかった人もいるでしょう。

しかし、どのカジノ場であってもルーレットが置かれていますし、カジノの女王と呼ばれているほど世界中で認知されているゲームでもあります。

置き方の種類もいくつかありますが、オンラインカジノでは自動で配当の管理や賭け方も分かりやすく表示されるので初心者の人でも気軽に利用できます。

カジノゲームの代表格でもあるルーレットは一度はプレイしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る